ファリネ

正しい手汗対策をしましょう

ワキ汗用の制汗剤は手汗に効果があるの?

手汗対策であるあるなのは、ワキ用の制汗剤を使うというものです。

もしかしたら試したことがある方もいるのではないですか?はたして効果はありましたか?

実はワキ用の制汗剤は手汗には効果が薄いんです。

 

手汗とワキ汗では汗腺がちがう

ワキの汗と手汗とでは、汗腺の種類が違うんです。

手汗の原因になるのは、「エクリン腺」という汗腺です。ここから出る汗は比較的さらさらとしていて、においもほとんど気になりません。

いっぽう、ワキに多いのが「アポクリン腺」という汗腺です。

ここから出る汗は、最初はほとんど匂いいはしないものの、この汗が細菌で分解されると匂いがでてくるんです。

このように、手汗とワキ汗では種類が違いますので、ワキ汗専用に作られた制汗剤では、手汗には効果が薄いということになってしまうんですね。

ファリネは手汗専用のパウダーです

ファリネは手汗専用に考えて作られています。

「特殊ナノイオン超微粒子」と、制汗成分の「ACH」のダブルの働き

まず、特殊ナノイオン微粒子が肌にまんべんなく広がり、ナノサイズのにおい分子を吸着します。同時に手汗を吸収して、手汗を抑えてくれます。

次に、制汗成分のACHが、汗の出口にフタをしてくれるので、手汗が出ないようにブロックする役目をします。

天然成分「麻セルロース」で手のひらの水分量をコントロール

麻から作った吸収サラサラパウダー「麻セルロース」を配合しており、これが余分な汗や油脂を吸収してくれます。それでいて適度な潤いを保ってくれるので、乾燥を補おうとしてでる汗を、抑えてくれます。

 

パフ付きなのでいつでもどこでも使いやすい

ファリネにはパフが付いていますので、気になるところにぽんぽんとたたくだけです。

手軽ですし、使うタイミングや場所も苦労することはないと思います。

見た目も化粧品のような感じのデザインなので、制汗剤とは気がつかれにくいです。

ETS手術は慎重に

手汗を止めるためには、手術という方法があります。ETS手術というものです。これを受けてみようと考えている方もいると思います。

しかし、この手術にはリスクがあります。この手術を行うと、確かに手汗はかかなくなるのですが、この手術の「代替性発汗」という後遺症が高い確率で出てきます。

手汗は止まりますが、他のところに大量の汗をかくようになるというものです。どこの部分にどの程度の汗が出るのかは、人それぞれで、実際に症状がでるまでわからないみたいです。これも人によりますが、もう半端な量じゃない汗がでて、常に服がびしょ濡れという方もいます。

この手術についてネットで検索してみましたが、確かに手術を受けた方の多くがこの代替性発汗に悩まされているようです。中には病院を裁判に訴えている事例もけっこうありました。

どうやら手術は、ほんとに最終手段としたほうが良さそうです。

いろんな対処法を試してからでも、手術は遅くないと思います。